インテルアンチセフト:一般公衆に提供するラップトップのための盗難サービス

今の企業のために確保されるまで、機能「インテルアンチセフトは、」一般市民を民主てしまう可能性があります。いずれにしても何の今日は、有名な商人によってサブスクリプションの販売を予感します。

インテル盗難防止ロゴ
私たちの同僚PC INpactで述べたように、ピックスマニアは実際には、一般市民のための1つのような専門家のためのウェブサイト上で販売「セキュリティサービスインテル」に30ユーロのために販売されている「サブスクリプションライセンスを」置きます年とラップトップ。

約束は、ビジネスでも同じです:互換性のあるラップトップの所有者を可能にし、それがリモート盗難の場合には、それらをロックし、コアの第二または第三世代を避難すべての人々を言うことです。 「インテルアンチセフト」は、ハードウェアに作用するため、ソフトウェア・ソリューションの大半とは異なり、例えば、ハードディスクのフォーマットを、レジストの利点を持っています。

データはまたしても、ハードドライブを抽出した後、暗号化し、それへのアクセスを防止し、安全なデータVaultの機能によって確保されています。

ユーザは、リモートコンピュータをロックするために紛失や盗難の場合は再接続盗難・サービスインテル、専用のウェブサイト上で自分のサブスクリプションをアクティブにします。彼はそれを見つけたか、回復した場合、彼は喜んでロックを解除し、そのデータを取得することができます。

インテルアンチセフトサービス18時09分に2012年9月7日に編集しました